福島市在宅医療・介護連携支援センター(在タッチ)公式ホームページ

福島市在宅医療・介護連携支援センター

ブログ

ホーム > ブログ

第9回医療・福祉セミナーを開催しました☺

第9回医療・福祉セミナーは、㈱ツムラ、㈱バイタルネット のご協力を得て、
令和2年1月23日(木)午後6時45分から
「『認知症のひとの在宅医療と漢方の役割』~尊厳ある生を支えるために~」をテーマに開催いたしました。
講師に、群馬県から医療法人あづま会理事長・大井戸診療所院長の大澤 誠 先生をお招きして、先生の日頃の診療活動を通して実践されている認知症の方ひとへのアプローチについて、漢方の活用を含めてお話をいただきました。
認知症のひとの支援は、「医療モデル」的アプローチには限界があり、「生活モデル」的アプローチにより認知症のひととその家族のQOLを向上させることが目標であること、自宅や住み慣れた地域で暮らすことにメリットがあること等支援での大切な視点についてお話をされ、また日頃の在宅診療の中でBPSDに対して漢方が有効だった事例や、日本老年学会に於いて作成されている「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン」に掲載されている漢方のメリットや使い方、等々について のお話もいただきました。

当日は、医師や薬剤師など医療関係者や ケアマネジャー、包括職員、訪問介護事業所職員など介護関係者 併せて60名の方にご参加いただきました。
アンケートには「漢方について新しく知ることが多く勉強になった」「認知症のひとの意欲や食欲低下に漢方で改善が図れることが参考になった」「生きがいや栄養など大切なものを改めて意識する機会になった」などの記載があり大変好評でした。
また、「認知症のひとの意思決定支援、予後告知のタイミングなど 尊厳ある生を支えること等について、先生のこれまでの経験から、もっと深く聞きたかった」というご意見もありました。
アンケートの結果についてはこちらからご覧ください。

今回は講師のスライド資料の配布がなく、ご不便をおかけいたしましたが、協力をいただきました㈱ツムラなど薬剤関係の企業が共催で開催する場合は、規定により講演内容のスライドの配布はできないとのことですのでご了承くださいますようお願いいたします。

今後も、皆様の「学びたい」が叶えられるような企画をして参りますので、要望等がございましたらお聞かせください。

 

令和元年度認知症スクリーニング研修 を開催しました☺

今年度の「認知症スクリーニング研修」は、
12月9日、福島市保健福祉センター5階大会議室に於いて開催し、
あずま通りクリニック院長 小林直人先生から認知症スクリーニング検査(HDS-R、MMSE、STMT)の正しい使いかたや結果の評価、認知症と診断された方の機能評価の方法等について、分かりやすく解説していただきました。
日頃、認知症を心配して来院されるかたが多い医療機関やクリニックの先生やスタッフの皆様、認知症の方を支援されているケアマネジャーや介護スタッフの皆様、総勢118名の方が参加され熱心に研修されました。
参加者アンケートでは、講義内容は「非常に分かりやすかった」、今後の日常業務に「活かすことができると思う」という回答の方が大半で、大変好評でした。
この研修が、受講された方の日業務にいかされ、地域の方々の認知症の早期発見や、認知症の方のケアに役に立つことと期待しています。
分かりやすく解説、講義していただきました小林先生、熱心に受講していただきました参加者の皆様、心から感謝申し上げます。

認知症サポーターキャラバンマスコットキャラクター「ロバ隊長」

アンケートの集計結果はこちらをご覧ください。

これからも、認知症対応に関する研修を企画して参ります。ご参加お待ちしております。

第8回 医療・福祉セミナー「ICTを活用した在宅療養支援の実際」を開催しました(^^♪

令和元年10月30日に「ICTを活用した在宅療養支援の実際~ICT のメリットを知る~」をテーマに第8回医療・福祉セミナーを開催しました。
今年2月には、キビタンケアネットの説明会を開催しましたが、ICT の導入やその活用についてなかなかイメージが湧きにくく、どうしても敷居が高いようでした。
今回は、少しでも活用の様子がイメージできるようにと、毎日の診療で実際に活用されている伊達市の桑名俊光先生と、桑名先生と患者さん情報を共有して活用されている伊達市伊達地域包括支援センターの引地あき子さんにおいでいただいてお話を伺いました。また、桑名先生がタブレットを5台ご準備くだり、キビタンケアネットの直接体験も出来ました。

参加者の皆さんには5台のタブレットに合わせて5つのグループに分かれていただいて、実際に閲覧、入力、送信などを体験していただきました。各グループには、伊達地域包括支援センターの職員の方や桑名先生とキビタンケアネットで情報共有されている施設の方も入っていただいたので、各グループごとに質疑応答や意見交換などもできました。

セミナー参加者は、31人でした。今回の研修は、活用の具体例を聞くことができ、さらにはキビタンケアネットを実際に体験できたことが大変好評でした。
終了後のアンケートの結果から、「ICTの導入」について「関心がある」「必要だと思う」と回答した方が多い反面「検討したい」は僅かだったこと、また、実際の業務に活かされそうかでは「活かすことができる」と「どちらともいえない」がほぼ同率だったこと、などから、関心もあり必要とも思うけれど実際の導入にはもう少し時間がかかりそうということなのかなという印象を受けました。
アンケート結果の詳細はこちらからご覧ください。
研修の最後に、キビタンネット事務局の明石人嗣さんから、活用している方々からのご意見「こうだといいのに」をもとにソフトの改修を行っていることをお聞きしました。
まずは実際に活用してみて、そして使い勝手についての意見をお伝えしながら、一緒により活用しやすいものにしていくという事も大切な事だと感じました。

キビタンケアネット  明石さんのお話

講師の桑名先生、引地さん、伊達地域包括支援センターの皆さん、キビタンネットの明石さん、そしてご参加くださった皆さん、有意義な研修ができましたこと、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

多職種連携合同研修会を開催しました。

令和元年10月5日土曜日午後1時30分から、とうほうみんなの文化センターに於いて、福島医療と介護のネットワーク主催、在タッチ共催で、多職種連携合同研修会を開催しました。
「尊厳から考える多職種連携」をテーマに、
第1部は福島市医師会副会長であり在タッチセンター長の横田崇先生から「福島市の地域包括ケアについて」と題して基調講演をいただきました。
第2部は、「尊厳ある生活を支えるための連携の課題」と題してシンポジウムと感想交流会を行いました。
シンポジストは、看護師の杉内初枝さん、作業療法士の高橋大輝さん、薬剤師の白石丈也さん、介護福祉士の丹野亜紀子さん、介護支援専門員の佐藤純一さんで、それぞれの専門職の立場から、そして日頃の業務から「尊厳」をキーワードに連携についてのお話をしていただきました。コーディネーターの菅野直樹さんのスムーズなコーディネートで、シンポジストお一人お一人の思いが十分表出されたシンポジウムになりました。約130人の参加があり、グループワークもとても盛り上がりました。
当日参加された皆様から頂いたアンケートにもありましたが、地域包括ケアを構築、醸成してみんなが最期まで自分らしく生活できる地域を実現するためには、まずは在宅を支える専門職同士がつながることが大切だということを再確認することができた研修会となりました。
秋の行事が多く予定されていたこの日にご参加くださった皆様、企画していただいた 福島医療と介護のネットワークの事務局の皆様、ご協力いただいた各職能団体の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました🎵

 

ご参加いただいた皆様から頂いたアンケートの結果はこちらからご覧いただけます。

「わたしの人生ノート」完成記念講演会に出席しました😃

令和元年8月29日(木)16:30から福島市保健福祉センター5階大会議室において
福島市版エンディングノート「わたしの人生ノート~これまでの、そしてこれからのわたし~」の完成記念講演会が開催され出席しました。
昨年の10月から作成の企画がスタートし12月に第1回めの作成委員会が開催されましたが、それから約8か月、いよいよ完成、お披露目ができるようになったことを記念しての開催でした。
今後このノートが、「一人ひとりが最期まで自分らしく生活する」ために活用していただけるよう、地域でのコミュニケーション(対話)の中で配布していきたいとの国保年金課の考えがあり、今回は地域包括ケアシステムの核となっている地域包括支援センター職員やケアマネジャー、医療関係者等を対象に開催され、50名の出席がありました。

講演は、宮城県大崎市古川にある「穂波の郷クリニック  緩和ケア支援センターはるか」のセンター長である大石春美氏から、「人とつながりながら自分で決める~コミュニティ緩和ケアの現場から~」と題してのお話でした。事例を通して、日々実施されている在宅緩和ケアで大切にされていることを聞かせていただきました。
まずは、ご本人の思いに気づき、それを表出するお手伝い、そしてそれを実現するお手伝いを「緩和ケア支援チーム」として行っていること。
専門職だけでなく、必要に応じて地域の皆さんも緩和ケア支援チームのメンバーに入っていただき「地域で支援する」体制づくりをされていること。などのお話がありました。
それは、「支援する人・される人」の関係ではなくお互い様の交流であることもよく分かりました。
貴重なお話、ありがとうございました。

講演のあと、作成委員のひとりである当在タッチの田中事務所長から作成経過や内容の紹介をさせていただき、終了後には、参加された関係者がそれぞれの立場から市民に配布する「わたしの人生ノート」を持ち帰りました。一人でも多くの方に活用していただけますように💛💛💛

在タッチ 田中事務所長

「わたしの人生ノート」

第7回医療福祉セミナーを開催しました!

令和元年8月1日(木)午後6時30分から 保健福祉センター5階大会議室に於いて
「認知症の方への尊厳のある関わり方~ユマニチュード®の実際について」をテーマに第7回医療福祉セミナーを開催いたしました
講師に、村上病院から院長の村上敦浩先生と看護部長の齋藤由美子先生をお迎えして、お話をいただきました。
村上先生からは、ユマニチュード®の理念やケアの技法などを日頃の実践を通して紹介がありました。また、看護部長の齋藤先生からは、導入の経緯や実践の様子だけでなく病院全体として取り組むことの難しさなどにも触れていただき、参加者の皆様からは「より身近な事として感じることができた」との声が聞かれました。
講演のあとのグループワークは、短い時間でしたが、大変盛り上がっていて話が尽きない様子でした。

参加者アンケートの「感想や参考になった内容」(自由記載)には、
・分かりやすい講義で、よく分かった
・ユマニチュード®をもっと勉強したいと思った
・学んだことを、少しでも日頃のケアに取り入れてみたい
・認知症の方に限らず、職場や友人とのコミュニケーションの心構えとしても大切なことだと思った
・グループワークで情報交換できたのが良かった
など、前向きで積極的な感想を沢山いただきました。
このほかのアンケートの結果は、こちらからご覧ください。

村上先生から、ユマニチュード®に関する書籍の案内や専門の研修の案内などがありましたが、「もっと学びたい」など興味関心がある方は「ジネストマレスコッティ研究所 日本支部」のホームページ  や 「ユマニチュード研修案内」のホームページもご覧ください。
また、「RUN伴(TOMO)ふくしま2019」9月14日(土)開催 のご案内もありました。「市役所から飯野交流館まで皆さんで走ります。沿道で応援お願いいたします。」

大会議室の空調の調子が悪く蒸し暑い悪環境の中、ご講演頂きましたお二人の先生、熱心に受講して下さった参加者 142人の皆様、心から感謝いたします。
ありがとうございました。

在タッチセンター長 横田先生 挨拶

村上敦浩先生 講演

「RUN伴(TOMO)ふくしま2019」のTシャツでご講演
『沿道で応援お願いします!』

看護部長 齋藤先生

盛り上がったグループワーク

森合団地自治会「第1回ふれあい広場」ミニ出前講座を行いました

7月24日(水)午前10時30分~11時30分に
福島市清水西地域包括支援センターからのご紹介で、森合団地自治会で年間3回ほど開催している「ふれあい広場」に伺い「在宅医療のお話」をさせていただきました。
当日は、沼田会長さん、大関副会長さん始め 15名の出席がありました。
皆さん熱心に聴いてくださり「訪問してくださる先生は何人位いるのか」などの質問がありました。
また、お話の中で「最期はどこで過ごしたいと考えていますか?」とお聞きすると、約7割の方が「自宅で」に挙手されていたのが印象的でした。
集まっている方々の様子から、「自宅で」と考えている方が多いのは、安心して過ごせる「地域」だからなのかもしれないと感じました。

令和元年6月3日付けの厚生労働省医政局総務課長通知について

在タッチの業務の一つ、地域の課題集約のため、今年も5月から市内22か所の地域包括支援センターを訪問させていただいておりますが、単身で暮らす高齢者が増加しており、身元保証や身元引受、中でも入院時に保証人がいなくて困る事例が増えてきているとのお話が多く聞かれました。
そのような中、タイミングよく「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドラインの発出について」という通知が出されました。
この通知の趣旨は、
⓵増えている単身高齢者の不安に呼応して増えている「身元保証等高齢者サービス」の消費者被害予防について出された建議の中に、安心して医療が受けられるよう病院が求める「身元保証」について実態調査の必要性があるとされていたこと、②成年後見制度利用促進基本計画では、医療・介護の現場で関係者が支援を行う際に参考になるような成年後見人の役割を明らかにすることか求められていたこと。
この2つのことを受けて、医療現場の実態調査等を行い、安心して医療が受けられるよう病院に勤務する職員を対象としたガイドラインを取りまとめたので、各医療機関の職員に周知するように というものです。
このガイドラインは、医療機関の職員の方だけでなく、在宅で高齢者を支える専門職の皆さんも知っておいて高齢者の支援に役立てて頂ければと思います。

「身寄りがない人の入院及び医療に係る意思決定が困難な人への支援に関するガイドライン」
 
厚生労働省ホームページ をご覧ください。
ガイドライン(PDF)は、こちらからもダウンロードできます。

今後は、このガイドライン理解のための研修なども企画していきたいと考えております。

 

令和元年度第1回福島市在宅医療・介護連携支援センター運営協議会が開催されました

当センター「在タッチ」の運営協議会が、令和元年6月27日午後7時から福島市役所本庁舎904会議室において開催されました。
12人の運営委員の皆様に、平成30年度の事業を報告させていただき、また、令和元年度の事業計画についてご協議、ご承認いただきました。
協議では、委員の皆様から多くの示唆に富む質問や意見をいただきました。
今後の運営や事業に活かして参りたいと思います。

報告事項
⓵平成30年度福島市在宅医療・介護連携支援センター運営に係る取り組み
平成30年度福島市在宅医療・介護連携支援センター事業報告
相談件数・実績
協議事項
⓵令和元年度福島市在宅医療・介護連携支援センター運営に係る取り組み
令和元年度福島市在宅医療・介護連携支援センター事業計画

 

第6回 医療・福祉セミナーを開催しました!

福島県立医科大学医学部 運動器骨代謝学講座 教授 山田仁 先生

令和元年6月25日(火)に第6回医療・福祉セミナーを開催しました。

今回は「骨粗鬆症の現状と対策」をテーマに
福島県立医科大学医学部 教授の山田仁先生にご講演いただきました。
骨粗鬆症は高齢になれば仕方がないといわれてきたが、治療薬があり腰痛などの痛みの軽減も図られること。
痛みがあることで動きが制限され、そのために機能低下が進み死亡率が高くなるという悪循環にならないためにも治療を行うことが必要であること。
服薬が難しいとされてきた治療薬にも様々なタイプがあり、患者に合わせて使うことができること。等々のお話がありました。

会場の様子

参加者は53名、アンケート回答率は89%でした。
アンケートの中には
・骨粗鬆症の利用者様が多いので、とても参考になった。
・思っていた以上に骨粗鬆症になっている人が多いのに驚いた。
・骨粗鬆症により疼痛が出る等、知らないことを改めて知る事が出来た。
・担当患者さんの主治医に相談してみたい。
などの感想が聞かれました。
【アンケートのまとめはこちら】
当日のスライドの写真もご参考にしてください。
スライド写真
お忙しい中、当研修会にご参加いただきましてありがとうございました。

1 / 3123

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

福島市在宅医療・介護連携支援センター
〒960-8002 福島市森合町10-1
福島市保健福祉センター3階
FAX 024-572-6672
MAIL info@f-renkei.net

024-572-6671

受付時間
8:30~17:15
土日祝日、年末年始

メールでお問い合わせ