福島市在宅医療・介護連携支援センター(在タッチ)公式ホームページ

福島市在宅医療・介護連携支援センター

お知らせ

ホーム > お知らせ

県北地域 在宅緩和ケア社会資源情報 が更新されました(令和2年2月改訂)

「県北地域 在宅緩和ケア社会資源情報」が更新されました。在タッチホームページのリンク集 行政関係から閲覧、ダウンロードできますので、ご活用ください。(福島県ホームページ県北福祉事務所のサイトにリンクさせていただいております)

「県北地域 在宅緩和ケア社会資源情報」は、福島県県北保健福祉事務所が、福島市医師会、福島県歯科医師会、福島県薬剤師会、福島県立医科大学臨床腫瘍センター等の協力により、毎年調査、集約して作成しているものです。令和元年度は「在タッチ」も調査に協力いたしました。

掲載内容も、より活用できるものになるよう毎年見直しをしており、令和元年度調査では、
新たに居宅支援事業所や障害者相談窓口等を追加いたしました。
在宅緩和ケアが必要なかたへの支援で困った時に欲しい県北管内の情報がまとめられて
おりますので是非ご活用ください。

令和元年度 認知症対応力ステップアップ研修を開催いたしました ( 令和2年2月17日開催)

認知症サポーターキャラバンマスコットキャラクター「ロバ隊長」

令和元年度「認知症対応力ステップアップ研修」を福島市介護支援専門員連絡協議会との共催で開催いたしました。
研修会では、りんごの里指定居宅介護支援事業所の丹治文子さんから事例を提供していただき、「食べない・食べられない」をみんなで考えました。

詳しくは ブログをご覧ください。

 

3月12日市民公開講座、中止のお知らせ

令和元年度市民公開講座は新型コロナウイルス感染予防のため中止になりました。

誠に残念ですがよろしくお願いします。

令和2年3月12日木曜日午後2時30分コラッセふくしま

講師 松原惇子 先生
「『老後ひとりぼっち』を生きる~最期まで自分らしく生き続けるために~」

第1回 医療ソーシャルワーカー&市ケースワーカー等連携セミナー を開催しました(令和2年2月13日)

令和2年2月13日(木)に、福島県医療ソーシャルワーカー協会県北支部と福島市のご協力をいただき、県北地域の病院に勤務する医療ソーシャルワーカー(MSW)と福島市の福祉事務所の各課に配置されているケースワーカー(CW)等の職員を対象として、日頃の支援業務を円滑に進めるための関係づくりを目的に、楽しく交流して学び合う場  を目指して「連携セミナー」を開催しました。
詳細は、ブログをご覧ください。

 

 

福島県がんサポートブック第3版が発行されました (令和元年12月)

福島県がんサポートブック第3版が発行されました (令和元年12月)

リンク集  行政関係 からダウンロードできます(福島県ホームページからリンクさせていただいております)。

福島県がんサポートブックは、福島県内のがん医療について正しく理解していただくため、福島県と県内のがん診療拠点病院等でつくる「福島県がん診療連携協議会相談支援部会」が協力して作成したものです。がんについて知りたいとき、困ったとき、不安に感じたとき、手に取ってご活用ください。
この冊子が、がんと診断された方やご家族が安心してがんと向き合うための一助になれば幸いです。

第9回医療・福祉セミナーを開催しました☺

第9回医療・福祉セミナーは、㈱ツムラ、㈱バイタルネット のご協力を得て、
令和2年1月23日(木)午後6時45分から「『認知症のひとの在宅医療と漢方の役割』~尊厳ある生を支えるために~」をテーマに開催いたしました。
開催の様子をブログに掲載いたしました。

参加できなかった皆様も、参考にご覧ください。

令和元年度 認知症対応力ステップアップ研修 の申込を締め切りました!

認知症サポーターキャラバンマスコットキャラクター「ロバ隊長」

令和元年度「認知症対応力ステップアップ研修」のお申込が定員に達しましたので、締切前ではございますが受付を終了させていただきます。
今後も、内容を変更しながら継続開催して参ります。次年度のご参加もお待ちしております。

 

 

令和元年度 認知症対応力ステップアップ研修を開催いたします ( 令和2年2月17日開催)

認知症サポーターキャラバンマスコットキャラクター「ロバ隊長」

令和元年度「認知症対応力ステップアップ研修」を開催いたします。
今年度は、りんごの里指定居宅介護支援事業所の丹治文子さんから事例を提供していただき、「経口摂取が困難となっていった認知症を持つ本人と家族への関わり」を学んでいきたいと思います。

詳しくは 案内チラシをご覧ください。

 

第9回医療・福祉セミナーを開催します。

第9回医療・福祉セミナーは
令和2年1月23日(木)午後6時45分から
「『認知症のひとの在宅医療と漢方の役割』~尊厳ある生を支えるために~」をテーマに開催いたします。
講師は、医療法人あづま会理事長・大井戸診療所院長の大澤 誠 先生 です。
大井戸診療所は群馬県伊勢崎市にあり、先生は、大井戸診療所院長として認知症のひとの在宅医療に取り組んでおられます。
また、一社)伊勢崎佐波医師会会長として、医師会立病院の運営 並びに、平成29年からは伊勢崎市および玉村町の在宅医療連携拠点事業『在宅医療介護連携センター いせさき・たまむら』を受託運営され、地域包括ケアシステムの核となる地域医療体制の構築、充実を進めておられます。
今回は、㈱ツムラ、㈱バイタルネット のご協力により、認知症のひとへの漢方の役割を中心に、在宅での支援についての講義をいただくことになっております。日頃の診療等の中から貴重なお話を聞くことができるのではないかと思います。
多くの方のご参加をお待ちいたしております。

ご希望の方はFAXにてお申込みください。
詳しくは「研修案内」をご覧ください。

令和元年度認知症スクリーニング研修 が終わりました♡

認知症サポーターキャラバンマスコットキャラクター「ロバ隊長」

令和元年度「認知症スクリーニング研修」は、多くの方に受講いただき盛会裏に終わりました。

次年度も開催予定ですので、今回申込を忘れてしまった方、都合で受講できない方は次年度お待ちしております。
研修の様子等は、ブログをご覧ください。

1 / 512345

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

福島市在宅医療・介護連携支援センター
〒960-8002 福島市森合町10-1
福島市保健福祉センター3階
FAX 024-572-6672
MAIL info@f-renkei.net

024-572-6671

受付時間
8:30~17:15
土日祝日、年末年始

メールでお問い合わせ